脱毛器 選び方

家庭用脱毛器の選び方

脱毛器の選び方~いま人気の家庭用脱毛器はコレだ!エステに通う時間もお金もない!そんな人に選ばれるのが手軽な家庭用脱毛器。でもいろいろあるからどれを選んでいいか分からないという方も多いはず。ここでは家庭用脱毛器の種類と違い。そしていま人気の脱毛器を解説します。

脱毛器の種類

家庭用脱毛器には、4種類の方式があります。

フラッシュ脱毛 [人気]
レーザー脱毛
サーミコン脱毛
泡脱毛
フラッシュ脱毛方式は、波長の長いプラズマ放電の光を当てることで、光を吸収しやすい毛根を熱で死滅させます。脱毛サロンが使っているのと同じ方式ですフラッシュ脱毛器はレーザー脱毛器に比べ一度に広範囲の脱毛ができスピーディです。また、レーザーに比べて痛みが少ないのも特徴です。


フラッシュ方式を使った脱毛器には、ケノン(イーモリージュ)、ラヴィ、エスピルが有名です。
医療機関やクリニックなどで行っている医療レーザー脱毛と同じ方式で、濃い色素にのみ反応するレーザーを照射することで毛根を熱で破壊します。フラッシュ脱毛よりも永久脱毛の効果が高いと言われますが、照射範囲が狭いので手間がかかります。また、部位によっては輪ゴムではじいたような痛みを感じることもあります。

レーザー方式を使った脱毛器には、トリアパーソナルがあります。
サーミコン脱毛は、熱でムダ毛を焼く方式なので毛根から抜け落ちることはなく、永久脱毛の効果はありません。ただ、毛先が丸くなるのでカミソリで剃った時のようなチクチク感は軽減されます。また、サーミコン脱毛で注意点は本体の熱線部分で火傷をしてしまうことです。特に凹凸のある肌面に使用する際には気を付ける必要があります。

サーミコン方式を使った脱毛器には、no!no!ヘア があります。
泡脱毛は、シェーバーと同じ原理です。ボディソープを付けた状態で使えるシェーバーのようなものです。お風呂で手軽に使うことができますが、抜いたり毛根にダメージを与えるわけではないのでムダ毛が薄くなる効果はありません。




泡脱毛の脱毛器には、ソイエ があります。

どの方式がオススメ?

以前はレーザー脱毛器が主流でしたが、現在は、スピーディに脱毛でき、痛くない、脱毛サロンと同じ方式ということで「フラッシュ脱毛器」が一番人気です。家庭用なので脱毛サロンと比べて出力は弱いですが、最近はエステサロン品質の脱毛が出来ると言われるほど家庭用脱毛器の性能は上がってきています。

人気のフラッシュ脱毛器はコレだ!


フラッシュ脱毛器といってもいくつもの商品がありますが、比較ポイントとしては、照射面積とフラッシュ照射1回あたりのコストです。実はフラッシュ脱毛器は照射部分が消耗品で規定回数照射するとカートリッジを交換する必要があります。その照射1回あたりのコストが商品によって違ってきます。

ワキ…25回、二の腕…100回、ひじ下…100回、手…20回、Vライン…15回、ヒザ上…280回、ヒザ下…180回 (いずれも片側。個人差もあります。あくまで参考値です。)これだけ照射回数が必要ですから、「照射1回あたりのコスト」というのは重要な要素となります。


ケノン (イーモリージュ改良版)



脱毛のトータルコストが圧倒的に安い!

2012年楽天家電 年間ランキング第1位にも輝いた“ケノン”は、口コミでも大人気の商品で、家庭用脱毛器の購入を考えたことのある方なら一度は聞いたことのある脱毛器だと思います。

ケノンの本体価格は高いですが、カートリッジ1本で照射できる回数が圧倒的に多く、結果的に脱毛にかかるトータルコストは一番安いのが特徴です。また、広い照射面積と連射機能であっという間に脱毛できちゃいます。また、カートリッジを変えれば美顔器にもなる1台2役。機能性能とも最高の脱毛器です。日本製というのも安心です。

また、ケノンは産毛から剛毛までOKでほぼ全身脱毛出来ちゃうから、女性だけではなく男性からも大人気で、男性の利用者はなんと4割。家族や恋人とシェアしている人も非常に多い人気の脱毛器です!

ケノンの公式サイトはこちら

照射面積
照射1回のコスト
連続照射
レベル調整
ハンドピース重量
製造国
価格
7 平方センチ
0.15 円 (最安!)
使うほど安さを実感!
6 連射
10 段階
120g
日本
72,800円


hikari epi ヒカリエピ



本体価格が安い!

「hikari epi ヒカリエピ」は、本体価格が 24,800円(税込)という驚きの値段で、カートリッジも3,980円とお得なコスパの一品です。業務用美容機器メーカーが家庭用に作ったものだから安くても実力は本格派。照射面積も広く、出力も3段階で調整できます。また、しかもハンドピース部は軽く使っていて疲れにくいのが特徴。さらに、脱毛だけでなく、美しい素肌のためのフォトフェイシャルにも使えます。1台で脱毛と美容の両方に使えるのはお得ですね。

ヒカリエピの公式サイトはこちら

照射面積
照射1回のコスト
連続照射
レベル調整
ハンドピース重量
製造国
価格
7 平方センチ
2.65 円
なし
3 段階
102g
中国
24,800円




センスエピ



ホームパルスライトで脱毛効果が高い

センスエピは、ケノンやヒカリエピと比べて美容機能がない分本体価格を安く抑えているのが魅力です。いまでは当たり前となった肌色センサーをはじめて搭載したり、またホーム・パルス・ライトと音による脱毛の効率向上など最新技術を取り込んでいます。また、照射面積が3㎝×2㎝と広く一度に広範囲の脱毛処理が出来、またホーム・パルス・ライトという技術で連続照射の必要がないのでスピーディーに脱毛できます。照射1回あたりのコストで考えるとケノンやラヴィには負けますが、ホーム・パルス・ライトという技術で、連続照射しなくても脱毛効果が高いということで実際の脱毛完了までのコストではそれほど差がありません。ハンドピースの重さが240gもあるのがマイナス点ですね。

センスエピの公式サイトはこちら

照射面積
照射1回のコスト
連続照射
レベル調整
ハンドピース重量
製造国
価格
6 平方センチ
7.0 円
なし
5 段階
240g
イスラエル
39,800円


脱毛サロンよりいいところ

脱毛サロンは2~3か月周期でないと予約が取れなかったり、予約の日に体調を崩したり急用が入ったりでキャンセルするとまた2~3か月先でないと予約が取れません。家庭用脱毛器なら自宅でいつでもできるし、脱毛サロンよりも断然安上がりです。自分では手が届かない部分は脱毛サロンで、届く範囲は自分でとうまく使い分けることもできます。



脱毛器 ランキング エステに通う時間もお金もない!そんな人に選ばれるのが手軽な家庭用脱毛器。でもいろいろあるからどれを選んでいいか分からない。脱毛器の種類といま人気の脱毛器とは?